プチ断食のポイントと注意点について

短期集中ダイエットとして、プチ断食をしてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
体内を綺麗にするという効果も得ることが出来ますから、トータル的な健康・美容面も考えつつダイエットをという方にもピッタリのスタンスといえるかもしれません。
ではここで、プチ断食をしていく上の注意点やポイントについて考えていきましょう。

事前準備をすると安心

断食期間に入る数日前から準備をしていただくのも良いでしょう。
例えば、ごはんを少し減らすというのが代表的なもの。
減らす割合についてですが「7割り程度」にするのが良いといわれています。
こうすることで、より一層身体に負担をかけずにダイエットをしていただけることでしょう。

長期間は継続させない

あまり長期にわたってのプチ断食は、身体に影響が出てしまうという可能性もあるのです。
ですから、3日程度から続けていくというのもよいかもしれません。

回復食の準備も

プチ断食期間が終わったら、通常食に戻していただいて構いません。
ただし、いきなり食べ過ぎてしまうと胃腸に負担がかかってしまう恐れもあるのです。
プチ断食明けの数日は「回復食」と呼ばれるものを摂取すること良いでしょう。
柔らかく炊いたうどんやおかゆ・雑炊類がこれに含まれます。
段階的に戻していくという意識を持ちましょう。

運動も心がけよう

効率的に減量をすすめるためには、運動を意識すると良いかもしれません。
ジムに通うですとか、スポーツをするということではなく、日常的に出来る運動を取り入れるようにすると負担もかかりにくいでしょう。
エスカレーターではなく階段で・車移動を徒歩や自転車でなどという少しの意識で良いのです。

短期間で大幅減量も

こうしたプチ断食を取り入れた方法においては、短期間で大幅な減量をすることができるという声も多いのです。
実際7日間程度で5キロ近い減量に成功された方もいらっしゃいます。
上記の注意点やポイントを参考にしながらチャレンジしてみても良いかもしれません。